SSブログ
前の1件 | -

旅の記憶(4) 札幌 [旅]

1-PXL_20240611_083855247.jpg

 梅雨を通り越していきなり夏の暑さのここ数日です。湿度も高くなんとなく体がだるく感じます。身体がまだ暑さに慣れていないせいでしょうか、季節が順番通りでないので身体も頭も適応出来ていないのでしょうか。

 いろいろなことが少しずつ片付いて、余裕が取れるようになってきました。中断していた「旅の追憶」の続きです。上の絵は札幌、大通公園をスケッチしたものだと思います。

 居候の旅、いつもあてもなく電車やバスに乗って、北海道の地を巡っていたわでもありません。貧乏旅でしたから、遠出しないで札幌や小樽の街を歩き回る日も多かったです。

 札幌は大都会でした。メインストリートは高いビルが立ち並び、洗練されていて東京の銀座や日本橋などと引けを取らないように見えました。

 有名な時計台や羊ヶ丘展望台はすでに連れて行ってもらっていたので、円山公園や友人の住む琴似などを見て歩きました。

 円山公園は広すぎて、間違えて近くの墓地の周囲を歩いたりしていました。琴似には、屯田兵の資料館などがある公園のような一角があって、中をのぞいたりベンチで休憩したりしました。

 北大にも行きました。塀を巡らせた大学ではないので勝手に入ったり、有名なポプラ並木を歩いたりしました。何枚かスケッチしましたが、ポプラ並木案外難しくて絵になりませんでした。

 また、この頃は東京でジャズ喫茶巡りをしていたので札幌でもいくつかジャズ喫茶や音楽喫茶を探して歩きました。

AGIT.jpg
セコンド/シャンボール.jpg
JAMAICA.jpg
 その時訪ねたジャズ喫茶のマッチです。かさばるのでマッチ箱を開いて画像として残しています。この中の三番目の「ジャマイカ」は札幌で老舗の有名なお店だったようです。マッチには(東映地下)と印されています。このあと別の場所に移転したそうです。ネットで調べると今も健在のようです。

1-img20240611_20071705.jpg
 季刊ジャズ批評別冊「ジャズ日本列島」の札幌のページに当時の地図があります。あの頃、札幌にはこんなにたくさんのジャズ喫茶があったのですね。今はどれくらいあるのでしょう。

 資料を基に過去をたどるだけでもうほとんど記憶に残っていません。ジャズ喫茶、もっと行ったけれどマッチが手に入らなかったのか、3軒だけだったのか。それぞれのお店はどんな雰囲気だったのかほとんど覚えていません。

 ただ一軒、はっきり覚えているお店があります。名前は忘れましたが、街外れの殺風景な通り沿いにありました。扉を開けると一瞬、頭上から冷たいミストが吹き付けました。いきなり階段が始まってお店は二階にありました。

 その日は札幌でも暑い日でした。ジャズ喫茶には珍しく店内は明るく窓が通りに面して開かれていました。ただ涼しかったのは入り口のミスドだけ、店内には冷房がなくて汗を掻きながら音楽を聞いた思い出があります。当時は札幌でも小さなお店はエアコンがないところが多かったようです。

エスカール.jpg
 これは小樽のジャズ喫茶です。どの辺にあったのかもう記憶はありません。また、「ジャズ日本列島」にも載っていません。

SHINO.jpg
 このお店は、札幌から電車で一時間ほどのところにある岩見沢と言う街にありました。わざわざそのためだけに岩見沢まで行ったように思います。その割に街の様子もお店の印象もほとんど残っていません。小さな一軒屋だったような気がします。

 「ジャズ日本列島」によると当時札幌のジャズ喫茶、コーヒー代は250円~300円が相場だったようです。東京と同じか一割ほど安い気がしました。

1-img20240125_19450294.jpg
1-img20240125_20063112.jpg
1-img20240125_20073399.jpg
 電車や地下鉄で相客をスケッチしてました。今なら盗撮ですかね。



 持っているレコードの大半は20代の頃に集めたものです。それ以降に買ったレコードに比べると聞いた回数も多く思い入れもあって愛着が深いです。ただこのレコードは、後年買ったレコードの中ではお気に入りの一枚です。

 Lou DonaldsonのBlues Walk YouTubeの画面には帯が付いていますが、私が買ったのはブルーノートの復刻輸入盤なので帯も日本語ライナノートもありません。ジャケットもいいですね。

 ちょうどJBLの4312Dというスピーカーを買った頃でした。Lou Donaldsonのアルトサックもさることながら、30センチウーハーが奏でるコンガの弾む音に感動したものです。



nice!(42)  コメント(26) 
共通テーマ:旅行
前の1件 | -